ヒラマサでブリ大根作ったよ*

料理

この料理をヒラマサで作る場合なんと呼べばいいんだろう?ヒラマサ大根?なんかゴロが悪い…

あの調理法は『ブリ大根』という名前で認知されているので、無理に名前を変える必要はないのかもしれない。

そんな訳で作りました『ヒラマサブリ大根』!!

【材料】

  • ヒラマサのアラと身を少々
  • 大根・・・一本(いらないぐらい)
  • ネギ・・・少々
  • 酒・・・200ml
  • 水・・・600ml
  • 砂糖・・・大さじ4
  • 醤油・・・大さじ5
生姜はなくても、下処理をしっかり行えば必要ありません。ですが生姜の風味が好きな方はお好みで入れてください。
サイズの割に、頭が小さい
このヒラマサ、ルアーが尻尾に掛かっていたので、口周りは一切傷がなく美しい。
ヒラマサの判断基準である口角もキレイに丸まっている。

頭を半分に、また中骨も適当な大きさに切り、塩をかけて10分程放置します。

霜降りにする
冷水で冷やす。5秒ほどでOK

10分程経過したら熱湯をかけ、その後すぐに氷水に入れて、霜降りにします。

その後、血合いやうろこ、ぬめりなどをキレイに取り除きます。

この作業をしっかり行う事が、魚臭くない美味しいブリ大根を作りコツです。

大根の皮を厚めに剥き、半月切り等に切り分けます。大根をなべ底に置き、その上にヒラマサのアラと身を置きます。(大根は下茹でしなくてOK)

そこに酒:水=1:3の割合で全体の8割程浸かる程度に入れます。(煮えると大根から水分出て、大根も少し小さくなりますので、しっかり全体が煮えます)

今回は酒200ml、水600ml入れました。

鍋を強火にかけて、煮立ってきたらアクが出てきますので、それをキレイに取り除きます。

落し蓋をして、そのまま20分程煮ます。(火加減はぐつぐつ煮える程度=中~弱火)

20分経ちましたら、まず砂糖を大さじ4杯加えます。箸でかき混ぜると、魚の身が崩れてしまうかもしれないので、鍋を傾けてかき混ぜます。(※醤油はまだ入れません)

加えたら、再び落し蓋をして5分程煮ます

5分煮たら、次に醤油を大さじ5杯加えます。先ほどと同じ要領でかき混ぜて、再び落し蓋をして5分煮ます

醤油を最後に加えるのは、魚の身が固くなるのを防ぐためです。最初は酒や砂糖で煮ることで、魚の身や大根が柔らかく仕上がります。

5分煮込んだら、落し蓋を外し、鍋底に汁気がうっすら残るぐらいまで煮詰めます。(目安としては10分程。私の場合は汁気が多かったので20分程煮詰めました)

最後に盛り付け、ネギを乗せて完成です。私はネギを加えると風味が増して、さっぱりと食べられるので好きですね。

下処理をしっかり行ったので、魚臭さが一切なく、とても美味しく頂けました。またタッパーで小分けにして保存しておくと、ご飯の際に一品追加できるのがいいですね。

【参考にしたサイト】

白ごはん.comーぶりアラで作る『ぶり大根』のレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました