解禁日に天川管理釣り場に行ったら大物が爆釣した*

トラウト

10月1日

数年ぶりに天川にやって来た。

目的は10月1日解禁の管理釣り場。どうやら解禁当日はかなり美味しい思いができるとな、、

だけど案の定寝過ごしてしまい、天川に着いたのは11時過ぎ。懐かしい町並みに心躍らせながら、天川漁協に向かう。すると・・・開いてない?!

ムム。。

どうやら移転したらしい。そちらに向かう。

去年移転したばかりらしく、新しい木の小屋。 駐車場が分からなかったので、漁協の前に車を停めると、ちょうど組合の人が出てきた。

ここに停めて良いですか、と聞くと、「良いよ。」とすごく愛想のいい返答をしてくれた。中で料金を支払い出ていく時に、受付のおばちゃんが「頑張ってね!!」とエールをくれる。

うむ!!

8時開始なので、良い場所は空いてないだろうなー、と思ったら良い感じの淵が空いてたので、そこに入ってみる。とりあえずスプーンを一投。

・・・・・

なかなかの反応。

しかし2~3投しても食ってこない。深い場所なので、レンジを落として巻いてみると・・・

一発ヒット!!

PEラインなので、ゴリ巻きでKO。

記念すべき一匹目。30センチ程の良型。

このパターンで数匹は釣れると思ったけど、意外と後が続かない。。やはり爆釣は朝一番で、昼にもなるとなかなかにスレている。

しかも今日は土曜日。苦戦を予感。

その後もポツリポツリと釣れるけど、爆釣を期待してたので、イメージと違う・・・。

少し場所を変える。

大きい落ち込みの場所。流れがある。

ニジマスは流れが緩い所を攻めるのがセオリーだけど、、僕は知っている。やる気のあるマスは流れに着くことを。

重めのスプーンを選び、下流に向けて投げ、ゆっくり引いてくる。

すると・・・

予想通り連発♪

流れの中でのヒットなので、アタリが強く引きもあるので、なかなかにスリリング。勿論バラシもあるけど、それもまた良し!

今回水中カメラを初導入。水の中はこんなにマスがおりまっせ( ̄ー ̄*)

そこそこ楽しんだところで、昼休憩。 目を付けていた食堂に向かうと、臨時休業!

なんと!?

天川は食堂が著しく少ない。ここがないとなると、後は洞川周辺だけど、そこまで行くのはちょっと億劫。

食堂でたらふく食べたかったけど、渋々ローソンそっくりの外観の日常雑貨屋?に入る事に。「弁当か、まぁカップ麺でもいいか」と思い入るも、二つとも置いてない!?店のおばちゃんに聞くと、食べ物は数種類のパンのみ!

なんとー!?

でもとにかく腹が減っているので、パンを一つ購入する。何で来たかと問われ、釣りと答えると「頑張ってね!」とおばちゃん。

ありがとう。

ちなみにここの店、カップ麺は置いてませんが、、

『活あまご』なら置いてますので、ボウズの方は是非お立ち寄りをw^^w笑”

でもまださすがに足りないので、すぐ近くのお土産屋に入る。

中には強面のおっちゃんが一人。きょろきょろ中を見回していると、何を探しとると聞かれ、「食べ物を・・。」と答えると、

「そんなら隣で『いもぼた』っていう天川の郷土料理が売っとるよ。イモと米で作ったもんやけど、言ったら醤油もつけてくれるから。」

とまさかの満面のスマイルでのお返事。そのギャップにやられてしまうところでした・・・。笑”

そんな訳で、おススメしてもらった『いもぼた』と「名水コーヒー』を購入。いもぼた100円とコーヒー150円

安いと思う。 店の前のベンチでのんびり頂く。

パンといもぼたを食べ、ある程度腹が膨れたところで釣りを再開。時間は14時。

16時には預かった魚券を返しに行かないといけないので、残りは2時間。

天川管理釣り場はみたらい渓谷を含む2kmの区間が釣り可能エリアなので、意外と広い。さっきは手前でちょこちょこやっていただけなので、奥まで足を延ばしてみる。

良さそうな落ち込みや淵は点在してるけど、見事に人が入っている。

うーん。

車を停めて呆けていると、さっきの漁協のおっちゃんが見回りにやってきた。どう?と聞かれ、ボチボチです、と答える。

他の人はどんな感じですか?と聞くと、多い人で大物を含んで80匹掛けた人がいたらしい。すごい数字だ。

よく釣れる場所を教えてもらい、頑張って、とエールももらう。

がんばろう。。

なんだかんだ残り時間が1時間ちょっとしかないので、次の場所が最後になる。良さそうな場所を見つけ、車から降りるとちょうど先行者が退くタイミング。

ありがたく入らせもらう。

水深のある落ち込みが奥まで続いている。尻まで水深があるなかなか理想的なポイントだ。

ニジマスも目視で何匹も確認できる。

前半と少しタックルを変えた。先ほどはPE0.4号にリーダーフロロの1号を付けていたけど、どうも見切られている感じがした。

なので念のため持ってきていた、ナイロン2.5lbのリールに付け替えてきた。管理釣り場だとこれで十分だけど、川だと流れがあるため不安があった。でも釣れないよりは良い。

先ほどの必釣パターンで流してみる。

ナイロンなので、非常に感度が悪い。本当にほんと~に、分かりづらい。

何度かキャストして癖を掴んでくると、途端のヒットが出始めた。

ここでもこのパターンは通用するみたい。というか明らかにヒットの数が増えたと感じる。

何匹か釣り上げて、なかなかに楽しい。

川の流れにスプーンを乗せて、少しづつ巻いていると、急に根掛かりしたように重くなる。その瞬間に合わせを入れると、魚がノッテいる、という感じ。

この感じを楽しんでいて、また同じように合わせを入れる。が、今度は本当に動かない!

「根掛かり?!」

と思うもそうじゃない。サイズがでかかった!!

水深あり+流れあり+ナイロン2.5lb、なのでやり取りの緊張感が半端じゃない!

何度も流れで走られ、巻くを繰り返す。だけど意外、糸がなかなか切れない。2.5lbでも意外といけるのね。

そんなこんなでついにキャッチに成功。

ニジマス鼻曲がり52センチ。

たまらん(´ω`*)

しかし幸運は2度訪れる!奥が反応なくなってきたので、手前の深場を攻めていると、またしても大物ヒット。

さっきより大きい!(気がする・・・)

同じやり取りを繰り返し、魚を寄せる。もうキャッチしたも同然だ。

さっきはネット使ったけど、ネットが小さいので魚を汗瀬にずり上げる事にする。だけど僕はラインを過信していた。

ラインを持ち、ずり上げようとすると、僕が思うより遥か手前でラインが切れた!

魚がもたつく!僕が急いで尻尾を掴む!だけど魚、最後に抵抗で僕の手を(尻尾で)振り払い、逃走!!

・・・・・

やってしまった。最後の最後で油断した。

すまぬ、ニジマス。そして非常に悔しい。

だけどとある釣り人は言っていた。「逃げた魚がいれば、此処に心を置いていける。

と。つまり大物を逃がした方が、また来たくなるという事。

そう思う事にする。

だけどやっぱり悔しいぜ!!笑”

日券を返しに漁協に寄ると、受付のおばちゃんに、どうでしたか?、と聞かれたので、先ほどの出来事を話す。

それはそれはと、笑顔で聞いてくれる。良い人だ。

また来てくださいね、と言われたので「勿論です」と言って漁協を出る。

天川村、久しぶりに来たけど、やっぱり良い所だ(´▽`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました