大沢温泉へ湯治に行ってきた【岩手県】

情報-旅行-

冬に雪を見ながら、温泉に入りたくて『大沢温泉』に行ってきた。

歴史的暖冬の今年、各地で全く雪が降っていないみたいで、目的である『雪見温泉』ができるか心配だったけど、なんと僕が行った時に丁度寒波が押し寄せて、今年一番の大雪が降ってくれた。

めっちゃラッキー。

もうこの入り口が最高です。200年以上の歴史のある建物だそうで、かの宮澤賢治も泊まりにきたとか。

僕がこの宿を知ったきっかけは近くにある『鉛温泉 藤三旅館』に泊まった時。途中通る道にこの宿があり、その外観を見ていつか絶対泊まりに来ると決めた。そしてこの日ようやく叶った。

チェックインを済ませる。

中に入っても素敵。事務所横の休憩所には机が並んでおり、いかにも歴史がありそうな家具や電話機などが置かれている。

ペイペイ使えます。

ちなみにwi-fiも使えます。しかもかなりの速度です。ビジネスホテル並の速度が出ているので、YouTubeや映画を見ても問題ありませんでした。

狭い通路を進んでいきます。

どこか千と千尋を感じさせる雰囲気。すごく良い。建物が古く、歩くとギィギィと音がなる。それもまた味があったいいのだけれど、夜歩く時はすごく響くのでかなり気を遣う。

お部屋はこんな感じです。

今回、湯治屋に泊まりました。

『山水閣』『湯治屋』『菊水館』と三つの建物があり、どこに泊まっても温泉は共有で使えるようです。ですが、湯治屋の魅力は自炊ができる事。

そしてその分値段もリーズナブル。素泊まりでこの部屋で一泊一人で3000円台で泊まれます。(※ただし写真のこたつとストーブは追加料金)

建物の中に食事処もありますので、自炊がめんどくさい時はここで食事をとることもできます。

2日目のおまかせ定食
(生姜焼きとうどんと茶碗蒸し、などなど)
3日目のおまかせ定食
(メンチカツとほたてのお刺身などなど)
帆立の刺身がとても美味しい。旨味がとてもあるし、ボリュームがすごい。

今回3泊4日で晩ご飯付きのプランにしました。晩ご飯は毎晩違うものおまかせ出してくれるので、助かります。毎晩何が出てくるととても楽しみでした(笑)

晩ご飯を食べ終えたら温泉へ向かいます。

男が入れる温泉は3種類。

混浴の露天風呂の『大沢の湯』

内風呂の『薬師の湯』

半露天の『豊沢の湯』

女性はこれにもう一つ半露天の『かわべの湯』がつきます。

東北はまだ混浴風呂の文化残っているらしく、こっちでは混浴風呂はよくあるものだとか。せっかく遠い東北まで来たので『大沢の湯』へ向かう。

偶然にも誰もおらず、大きな風呂を一人占め。しかも雪が降っていて、とても情緒があって良い。目的であった雪見温泉ができてとても満足。

ちなみに女性には脱衣所がありますが、男性は風呂の目の前で脱ぎます。これはハードル高い…。誰もいなくてよかった…。

温泉から帰って、タオルを干す。タオルが部屋にかかると「湯治してます!」感が出て、なぜか落ち着くというか、満足した気分になる。

部屋にはお茶も付いてます。

こたつに入りながら一息ついてほっこり。

外はマイナスの気温。寒いですが、たまに換気を行いましょう。
こたつにみかんは鉄板ですね。
『炊事場』
鍋や食器、包丁などもろもろ揃ってるので、食材と調味料持参で自炊できます。
10円入れてレバーを回すと使えるガスコンロ。
10円で結構長い時間使えます。

宿の周りは豊沢川が流れている以外何もありません。まぁそれが本来の湯治宿だと思います。出かけたい場合は無料のシャトルバスが出ていますので、それを使うと花巻駅まで行く事ができます。

車で来た場合は近くではないですが、2時間程で『乳頭温泉』に行くことも可能です。せっかく岩手県まで来たのですから、ドライブがてら足を伸ばして温泉巡りしても楽しそうですね。

コメント

  1. ロッシ より:

    風情のある宿ですね。
    自炊ありというのも物珍しいですね。
    湯治と言うのはそんなものなんですかね。

    • sapphia31 sapphia31 より:

      自炊スタイルの宿はゲストハウスを除いて、あまり関西や東海では見ないですよね。
      ただ釣りをするなら、自炊できた方が良いので、元々釣宿にしようと考えていて、今回は下見で行きました(笑)

      湯治は元々1〜2週間宿で温泉に入り療養するものだそうで、
      そうなると自炊しないとお金がすごい事になってしまうので、必然的に自炊スタイルになったのでしょう。
      昔は全国にあったそうですが、今は東北に少し残っているだけみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました