奥飛騨へ渓流釣り合宿に行ってきたよ【高原川】その1*

トラウト

どこかでのんびりしたい。釣りがしたい。あと温泉にも入りたい!5月の初夏のうららかな陽気を浴びていると、仕事なんて放りだしてどこかへ旅したくなってくる。

海の釣りも楽しいけど、この季節は渓流釣りが楽しい。渓魚を釣って、山菜を採ってバーベキューなんかも乙なもの。そんな事ができる場所を調べて、見つけました。

場所は奥飛騨温泉郷と言われる地域。温泉がとても豊富に湧いているらしい。そこに高原川という中規模の川が流れており、釣れる魚はヤマメ・岩魚。それも結構いい型のものが出るらしい。これは是非行かなくてはと思い、友達を誘っていってきました。

初めて訪れた奥飛騨温泉郷は想像以上に自然が豊かな場所。特にまだ山が冠雪している事に驚きました。せっかくだから近くでみたいと思い、奥飛騨ロープウェイを使って山の上まで上ってみました。

標高2156m地点まであっという間に連れて行ってくれます。

冠雪してる山々が目の前まで迫ります。
静岡方面の山まで見渡すことができる。焼岳。
思っていた以上にスピードがあり、アトラクションみたいで楽しい。
展望台に置いてあるポスト。売店にある木のはがきを投函できます。
5月中旬だというのに多くの雪が残っていました。
ロープウェイで上まで上ると一般の観光客は展望台行って、そこから景色を楽しむ事ができます。僕たちは午後に行って、素晴らしい快晴の下、景色を眺める事ができましたが、午後でこれほど晴れ渡るのは珍しいみたいです。行くなら午前中がおススメ。

上まで上ると展望台があり、そこでひとしきり景色を楽しみ、写真を撮りました。特に何かあるわけではなかったけど、とても楽しい時間を過ごすことができました。

またいつか来よう。でもロープウェイ往復で3000円もする…ちょっと高い(笑)

その後下山し、目的の高原川の下見へ。

時期的にはまだ雪代のシーズンですが、ここは温泉地帯なので他の所よりも水温は高く、早い時期から魚の活性は高いようです。そして驚いたのが、これほど標高が高い場所を流れているのに対し、水量が多いこと。そして周りの広葉樹の多さ。関西だとほとんどがスギやヒノキなので、とても羨ましく感じる。

これは大きさ魚が育つ訳だ。

軽く下見を済ませたところで、予約していた宿へ向かいます。今回は2泊するのでペンションにしました。それもとても魅力的な宿。

『中尾高原ヒュッテ』という名前の宿。

スイスの山荘をイメージしたそうです。外観もとても素敵ですが、ここの魅力は温泉と宿泊料金。1泊2食付きで一人10800円。休日平日問わず。ちゃんと利益とってますか…?

宿をチェックインをする。2晩とも客は僕たちだけみたい。やったね、貸し切りだ!まぁ平日に来ましたので。

チャックインして早々温泉を見に行きます。

岩風呂
檜風呂

3種類の温泉があり『岩風呂』『檜風呂』『ジェットバス風呂』。今回は宿じたいが貸し切りですが、この温泉は別々の小屋の中にあり、他のお客さんがいても貸し切りで入る事ができます。

色は透明ですが、湯の華がたくさん入っており、硫黄の香りが漂っており、いかにも温泉という感じ。食後の温泉が楽しみだ。

温泉を見終わった後、部屋へ戻ろうとすると友達が面白そうな物を発見。

望遠鏡です。

ビックリする程遠くのものをハッキリ視る事ができます。望遠鏡がこんなにすごい物だとは知りませんでした。これで夜に星みたら楽しいだろぅなぁ。

その後少し部屋で寛いでから午後6時から夕食。

待ってました!

飛騨牛の陶板焼き
この宿自慢のトマトグラタン

このクオリティの料理が一泊10800円で出てくるの!?

見た瞬間よだれが止まりませんでした。

飛騨牛はとても甘くて、脂があるのにくどくなくてとても美味しい。だけどそれ以上にトマトグラタンが美味しくて驚きました。トマトの上にホタテも乗せてチーズで焼き上げており、このホタテがめちゃくちゃ美味。オーナー自慢の料理みたいです。

大満足です。

ですがこれで終わりではなく、食べ終わると次は山菜の天ぷらも持ってきてくれました。先ほどの料理でも結構なボリュームだったのに、そこからさらに美味しそうな料理が。

嬉しい悲鳴(笑)

『タラの芽』と『コゴミ』、あと名前忘れた『何かの山菜』、とエビとホタテですね。

全部美味しい。最近は山菜にも興味が出て来て、コゴミはいつか食べてみたいなー、と思っていたのでこのタイミングで食べる事ができて、とても嬉しかったです。多分今までなら「何かよく分からないけど山菜」で終わらせていたと思うので、知識が増えた分、楽しみ方も増えたのを実感しました。

全て本当にとても美味しかったです。

その後部屋に戻ってバタンキュー。お腹が膨れて、一気に眠気が襲ってくる。またこの部屋が素敵だこと(笑)

その後眠い目を擦りながら、温泉へ入り、速攻で眠りにつきました。

とても充実した1日目。これだけでも充分楽しめましたが、明日はいよいよ渓流釣り。

ただ長くなってしまったので、続きは次回へ。

↧続き
↧今回泊まった宿

コメント

  1. […] 飛騨高山遠征*以前から薬君と「どこかでのんびりしたいな~」とよく言っ… 飛騨高山遠征Ⅱ*前日、、あのテレビの部屋の居心地が異様に良く、寝床についたのは12時過ぎ。そして次の日。5時起きで釣りに出掛けます。朝ご飯は7時半なので、それまで釣って帰ってこようという考えです。 ポイントは前日、ざっくりと調べて…tsurihida.com2014.06.14 情報-旅行- スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-8411585174298524", enable_page_level_ads: true }); シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー sapphia31をフォローする sapphia31 毎日釣り日和* […]

タイトルとURLをコピーしました