士幌フィッシングパークに行ってきた*

トラウト

帯広は士幌という地域にある『士幌フィッシングパーク』に行ってきました。

僕の拠点の弟子屈周辺には、行きたくなる管理釣り場がこれといってなく、管釣りの為130km、時間にして3時間かけて行ってまいりました。

番犬

到着してすぐワンちゃんがワンワンとお出迎え。僕は犬好きだからいいけど、犬嫌いの人はちょっと困るかも(笑)

釣り人は僕以外いない様子。受付でお金を払い、レギュレーションを聞く。それとルアーのチェックをさせてほしいとの事。こんな事言われたのは初めて。けっこうルール破る人が多いのかなぁ。

士幌フィッシングパーク

ルアー釣りができる池は3つ。

一番奥にある池が一番大きく、サイズも良い。目視ではそこまで多くの魚は確認できない。当然だけど、流れのある所に多く魚がついてる。

とりあえずまずはこの池から始める。

適当にスプーンを投げるけど、まったく反応なし。ネット情報にはあったけど、思ったより渋そう…苦笑”

暫くやって釣れなかったので、小さいほうの池へ移動。

池のサイズが小さくなったので、投げるスプーンも小さく。NEOスタイルというブランドのルアーをキャスト。

オショロコマ

すると一発で釣れた。恐るべし、NEOスタイル。

初めてオショロコマを釣った。朱点が鮮やかでお腹の黄色も合わさりなんとも美しい。そして意外と歯がするどい。

そして調子に乗って、このスプーンで釣りまくっていると、案の定のこの歯にやられてしまいました…反省”

大体30cm前後の魚が、ほどほどに釣れる。あまり管理釣り場で釣りをしない僕が行っても釣れるのだから、慣れている人がいけば相当釣れるんだろうな。

ただトラウト天国のこの北海道で一日2200円払って釣りをするのは、考えものかもしれない(笑)だけど僕は今回、目的があって来た訳で…。

お昼をとりに車で移動。

一番近くのスーパーで13km。さすが北海道、それでもひたすら真っすぐの道なのであっという間に到着。

お昼をとり、午後の部スタート。

午後はフライフィッシングをします。これの練習がしたかったの。

そしてフライはここで販売しております。管理人のおっちゃんの手作りフライ。

士幌FPの手作りフライ

安いフライは200円で販売してくれます。正直フライは全然詳しくないけど、それでもこれは安いと思う。ちょっとだけ買うつもりだったけど、安いので大量に購入してしまった。笑”

そしてさっそく購入したフライでキャスト。

かわいいサイズのニジマスが釣れてくれました(笑)

その後もコンスタントに釣れる。さすがフライ、魚連れてきてくれるね。

気が付いたらもう16時。大分日が傾いてきた。

大きい池に移動してラストスパート。

そしてやってやりました、今日一のニジマス!!

バイトの瞬間が見えて、そこでピシッと合わせる瞬間は最高だねぃ。

良い釣りさせてもらいました、士幌フィッシングパークさん。

また来ます。

ヒットルアー

コメント

タイトルとURLをコピーしました