真夏のイワナ*

トラウト
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月の最終日。庄川の支流へイワナ釣りに行ってきました。

夜中に出発して下道で走れる所まで走ってから高速乗ろうと思ったら、ETCカード忘れている事に気が付き、そのまま南伊勢町から荘川まで下道で行きました。約6時間、意外といけるものです(笑)

今回はウェーダーではなく沢登スタイルで挑戦しました。

数日前に大雨が降ったので川は増水気味。しかしおかげでここ数日人が入っていなかった様子で、魚の活性はすこぶる好調。

32cm 岩魚

いきなりこの川での自己最高の32cmを叩き出せました!

だけど増水でルアーを流せる場所が限られているのもの事実。期待していた場所は増水で進めず、まともにルアーを流せる場所も少ないので、林道を30分ほど歩き新規開拓しました。

斑点が本当に美しい
尺岩魚

結果これが功を奏し、尺を筆頭に数本岩魚を出せました。

一日に2本尺岩魚が出れば上等だと思います。

帰りの林道

それと今回沢登スタイルにして大正解でした。でなければこの林道はとてもじゃないけど、歩けませんでした。動きやすく暑くないし蒸れない。これから夏のこのスタイルでいきたいと思います。(むしろ今まで装備持っていて、なぜやらなかったのか謎なぐらい(笑))

帰りは郡上の高鷲町にある『よーらく』さんで【ホルモン焼き】頂いて帰りました。荘川町は正直これといった飲食店やコンビニがないのでネックで、少し走りますがここまで来れば飲食店とコンビニ、あと温泉も安く入れるのでおススメです。

釣行日7月31日
場所 岐阜県飛騨庄川支流
釣果岩魚 20~32cm 7匹
ヒットルアーARスピナー 3.5g
Dコンタクト 50mm TypeⅡ TSレーザー
BUXスプーン 5.1g

イワナに対してスピナーというルアーがかなり有効であることが分かりました。巻くだけでもブレードが回転してアピールしてくれますが、流れに乗せる釣りやスローな釣りも可能。一つはタックルボックスに忍ばせておいて損はありません。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました