須江崎のオオモンハタ*

海のルアーフィッシング

8月9日

台風9号が去った2日程後。少しうねりが入った状態でショアジギングしたくて、串本まで足をのばしました。

うねりは良い感じに入ってたけど、肝心の青物は不在。勿論ヒラスズキもやったけど、こちらも出ず。

そこでハタゲーム。カヤックフィッシングで鍛えたハタ攻略を実践します。

まず思ったのは、潮がガンガンに流れている所よりも、潮が磯などにぶつかりヨレているポイントが良い。磯でやる場合、どうしても潮がガンガン流れてるポイントを狙いたくなるけど、今までの経験上、そういうポイントでは意外と出ない。それよりも少し潮が弱くなった、ワンドになったポイントがねらい目。もし磯でイカ釣りするなら、ここだろうなってポイントが良いと思います。

その考えに当てはめて外海側ではなく、少し中に入ったポイントを狙います。

場所が場所なので、ジグヘッド50gにワームの5インチ、それにブレード(金色)を付けてアピール度を上げます。

そして数投キャストすると….

ヒット!!

ヒットした瞬間こそものスゴイ引きだけど、いざ上げてみると。

31センチの『オオモンハタ』 まぁこんなものです(笑)

サイズこそそれほどですが、狙った通りに出せたのが非常にうれしい。確実に成長しているのが感じられた釣行でした。

そのあと数日寝かせてから、煮つけと刺身にしました。

うん、やはりアカハタよりオオモンハタの方が個人的には好きです。

ヒットルアー

海流の強い場所なので重めのジグヘッドを使いました。基本的に投げて巻くだけで釣れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました