越前海岸のヒラマサの味【漬け丼】*

料理

先日釣ったヒラマサ。

4日程寝かせてから、捌いてみました。

すると。

背中の身
こっちは腹身
養殖の魚にも負けない脂の乗り
脂で包丁が真っ白に。

脂ノリノリでした。こんなに脂が乗った魚を釣ったのは人生初かもしれない。

あまりに脂がすごくて、捌いてる間、「すげー!すげー!」と一人でテンション上がりっぱなしでした…(笑)

切りとった身をタレに漬けこみます。

タレは、

みりん:大さじ4

さしみ醤油:大さじ2

にんにく:少量(お好み)

みりんを鍋で少し煮て、アルコール分を飛ばし、そこにさしみ醤油を大さじ2入れて、荒熱をとってから、身を20~30分漬け込めばOK。(※にんにくを入れると少しパンチのある味になります。これはお好みで)

後は少し熱をとった白飯の上に、海苔・ネタ・ごま・ねぎor大葉・卵の黄身(お好み)を乗せれば完成。

背中と腹の身をそれぞれ炙りで刺身にしました

圧倒的ひらまさ力!!(意味不明)

見ているだけで笑みがこぼれてしまう、そんな料理ができました。

とにかく脂がすごい!!

だけど、くどくはなくいくらでも食べれちゃう感じの脂分。

青物と漬け丼の相性の良さは知っていたけど、ひらまさとは特に良い。ひらまさの脂と醤油のキレ、そこに黄身が合わさりまろやかな味になり、本当に美味しい漬け丼でした。僕は甘めの味付けが好きなので、みりん:4にしましたが、風味も欲しい方は酒:2 みりん:2でもいいかもしれません。

青物が釣れたら、是非試してみてください。

ごちそうさまでした。

魚の血合い除去に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました