ヒラメ フラットフィッシュ 釣行記*

真冬の和歌山のサーフでヒラメが釣れたよ【熊野サーフ】

久しぶりに熊野のサーフへ行ってきた。

平日の朝一番。

釣り人は僕を入れて6名程。何が釣れているのか特に情報はないけど、投げれば何か釣れるだろうと安直な考え。

でもそこは熊野のすごいところで、朝一から沖の方でボイルが立っていたり、潮がものすごく効いていたりと、釣れる気配ムンムン。

これは期待できる。

まずはミノーで手前の波打ち際を攻める。朝一に手前でヒットするのを何度も目撃してきたから分かる。朝一は手前!

暫くするとルアーマンの一名が何かをヒットさせているのを発見。浜に上げていたけど、遠くてよく見えない。シルエット的にサゴシっぽかった。

手前は一通り攻めたので、お次はバイブレーション。大型青物は期待できないけど、シルエットが小さいのでシーバスやサゴシに効果的にアプローチできる(と思っている)

これも一通り投げるも反応なし。

この時点で朝7時。太陽は雲に隠れているので、まだまだ期待できる。

ここでルアーをヘビーシンキングミノーへ変更。ヒラメと青物を意識したルアー。これでブリブリとアクションさせてボトムのヒラメと、波打ち際を回遊している青物を狙っていく。

キャストしてまずボトムをとる。22秒程。この日は特に潮が効いており、かなり時間がかかる。

これも一通り引いてみるけど、反応なし。

ここで少し上を意識して15秒カウントでルアーを巻き始める。青物を意識しているのでリーリングは速めに。そして暫く巻くと、急に巻きが重くなる。

潮が効いているのでテーリングでもしたのかな?と思い巻いていくと、水面から魚がバシャバシャと跳ねるのが見える。

テーリングではなく魚だった(笑)しかもこのシルエットは...

デンッ!

サイズは42cm

なんとヒラメ!

これは嬉しい獲物。このサーフではあまりヒラメは釣れないと思っていたけど、結構釣れるのね!ヒラメを釣ると釣り人としての自信がつくのは僕だけでしょうか。

かなり気分が上がってしまった(笑)

ヒラメを釣り、袋に入れ、砂の中へ入れバッカンで影を作り、そこで保管。冬であればこの方法で十分に保冷できる。(砂の中は思っているより冷たい)

その後、暫く同じルアーを投げるも反応はなく、ジグへ変更してしゃくり倒す。2度ほど射程距離で大きなボイルが発生。片方はサゴシっぽい水面を切り裂くようなボイル。そしてもう一方はブリ族のような爆発するようなボイル。

この時期はマイクロベイトだと思うけど、ブレード系のルアーを忘れてしまった。代わりにジグを投げ倒すも反応はなく、9時半に納竿しました。

夜に尺メバルゲームをしたけど、全く反応なし。

うーん難しい!!笑"

日にち 2月19日
場所 和歌山県新宮
時間 6時〜9時半
若潮
使用ルアー 【ダイワ】ショアラインシャイナー
【バスデイ】レンジバイブ 70ES
【DUEL】ハードコア ミノー

【ヒットルアー】

急深サーフで実績の高いミノーです。重さがありアクションも派手目。水深のある場所をしっかり探る事ができます。シーバス・ヒラメ・青物に。

© 2021 毎日釣り日和* Powered by AFFINGER5