長良川で釣ったサツキマスを刺身で食べてみた*

料理

釣ったサツキマスをどうしたか。

この魚、なかなか僕の手に余る・・・。なんかこぅ、、すごい『獲物』!!って感じ(笑)

ハマチやカンパチも間違いなく『獲物』なんだけど、サツキマスは少し違う。身一切れ一切れがすごく大事な感じ。だから少しも無駄にできないし、したくない。

だから大事に調理しました。

捌くと綺麗なサーモンピンクが花ひらく。

サーモンや鮭の身がピンク色や赤いのは一般的にはエビの食べてその色が移ったからだと言われている。

だけど本当かな?こいつらエビなんて食べてるの?

それに川で育ったマスでも、ある程度の大きさになればその身はほんのりピンク色を帯びてくる。

・・・・・

まぁ旨ければ、身が白かろうが赤かろうがどっちでもいいけどね!!

で一品目は勿論これ!

炙りと刺身。※ちなみにサツキマスの身には寄生虫のアニサキスがいる場合があるので、食べる場合自己責任で!

でも僕は釣ったからには、その身本来の味を味わいたかった!たとえ寄生虫にやられても!笑”

刺身。きれいに脂のサシ?が入ってます。

「買ってきたサーモンだよ^^」って言っても、絶対誰も疑わないと思う。

二品目は『ムニエル』

そして三品目は、、

『サツキマスと新玉ねぎ蒸し大葉のせ』

味付けは『牡蠣醤油』のみですが、これが実に旨い。脂のノッたサツキマスの身は柔らかく、食べると風味が口に広がります。また大葉をのせたのも正解でした。これがまた良いアクセントになって、、、、この味はご自身で釣って確かめてください( ̄▽ ̄)

最後はオリーブオイルで焼いてサラダの上に乗せただけの物。

サツキマスのフルコース。一瞬で食べ終わりました。

どれも実に美味しかったです。

後日、アラを兜焼きにしました。これがまた美味。

頬に肉の弾力や、ちょこっと残ってるピンク色の身の美味しい事。

サツキマス、最高だね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました